香芝の住まい

いくつもの中庭が光と風を導く和モダンの住まいです


画像をクリックするとスライドショーが始まります

設計概要

《二つの空隙 三つの床》
この住まいの敷地は、三方が道路・水路、そして神社の祠に面して開放された、恵まれた立地です。唯一南側のみが家屋が隣接し、建ち塞がっています。

住まいの計画に際して、その南側に平屋で浴室・洗面脱衣・便所のサニタリーゾーンを一列に配し、上部を日照を取り入れるためのオープンスペースとしています。その屋外のオープンスペースに続いて、もうひとつのオープンスペースを屋内に吹抜として設け、このふたつの空隙により室内を光で満たしました。
1階の団欒の空間と2階の就寝の空間とは、いずれもワンルームの開放的なつくりとし、それらは南側の吹抜を通じて上下に繋がります。さらに、中間階としてスキップ状に設けたデスクスペースが上下の階のそれぞれと立体的につながり合い、3つのフロアは立体的なコの字型につながっていきます。

スキップ階のデスクスペースに置かれた3つの赤いチェア-は、ナチュラルな色彩の室内に一気に彩りを添え、空間が生き生きと息づき始めました。
1階のしな合板で製作された二列型のキッチンは、ゆったりとしたサイズの流しカウンターがアイランド状に設置され、奥様と3人のお嬢様に囲まれて、賑やかな調理の時間と空間をうみだしてくれるでしょう。

建築概要
          
  • 敷地面積:125.47㎡
  • 建築面積:69.42㎡
  • 延床面積:101.85㎡
  • 規模構造:木造 2階建て
  • 設計期間:2004/12~2005/09
  • 工事期間:2005/10~2006/03
  • 設計監理:木村哲矢建築計画事務所
  • 施  工:株式会社 中商
  • 統  括:アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
  • 撮  影:平井美行写真事務所