木漏れ日の住まい

木立に囲まれ柔らかな木漏れ日が降り注ぐような室内と
木肌と陽射しとそよぐ風を享受する住まいです


画像をクリックするとスライドショーが開きます

設計概要

《木漏れ日の住まい》
木立に囲まれ、柔らかな木漏れ日が降り注ぐような室内と
木肌と陽射しとそよぐ風を享受する住まいです
柱の列に囲まれた2層吹抜の居間 が 木漏れ日の間 です

・四寸角の柱の透き間を通る視線の角度による見え方の連続的で多様な変化が、居間とその周りを囲む部屋とのつながりを、開/閉とは異なる柔軟な関係に築きます
・東西の妻壁の開口と天窓により小屋内に満たされた光が、杉のルーバーを通じて柔らかに住まいに降り注ぎます

この計画は紀州材をもちいた住まいの設計競技として提案させて頂いたもので、注目作として評価されました。

建築概要
          
  • 敷地面積:165.00㎡
  • 建築面積:74.85㎡
  • 延床面積:120.50㎡
  • 規模構造:木造 2階建て
  • 設計期間:2008/12
  • 設  計:木村哲矢建築計画事務所