湖西の弁柄の住まい

湖西の弁柄の住まい は 床の間や天井などの木材を極力再利用して
住まいへの想いを継承した改修工事です


画像をクリックするとスライドショーが開きます

設計概要

《想いを受け継ぐ》
湖西地方の民家の改修です。
お父様の思い入れが濃く詰まった住まいの、庭に面して最も良い位置に置かれたお座敷は日常的にはほとんど使われず、日々の生活は片隅に追いやられていました。冬の寒さは厳しく、耐震性にも不安の残るものでした。
建築主の方は生活の改善を望みつつも、お父様の思いの丈がこめられた住まいに手を加えることへのためらいと板挟みになって随分と長く悩んでいらっしゃいました。
けれどもそのお座敷を遺物の如く凍結保存しますよりも、ここでの日々の暮らしを能動的に活き活きと継続していくことこそが、住まいを豊かに継承し、結果的にはお父様にもよろこんでいただけるもの思います。和室にも大胆に手を加えた形で住まいの再構成を提案させて頂きました。
お座敷は仏壇をそのまま残し、天井と欄間とでにつながる仏間と居間とに緩やかに二分します。床の間と床脇・書院の壁は取り払って食堂~台所へとL字型につながる居間となりました。折れ曲がりに位置する食堂は2階の床を取り払って吹き抜けとして、水平方向だけでなく垂直方向へも拡がりをつくります。北向きに閉ざされていた旧台所は、居間・食堂越しに庭にもつながるのびやかなキッチンとなりました。
お座敷を整えていた建材や造作の数々は極力再利用し、新たな持ち場を得て息づいています。書院に用いられていました細やかな細工の書院障子は居間と食堂との間仕切りの要となりました。
長年家族の一員として生活を共にしてきました室内犬と、工事着手直前に保護された子猫への対処として腰周りをタイル張りとして、壁にもモダンなメリハリが生まれました。床暖房とペットとに対応したフローリングは赤みを帯びたものです。
内外ともに木材に塗られていました弁柄を今回も受け継ぎ、紅色を基調とした住まいは艶やかな装いとなりました。
      

建築概要
          
  • 建築面積:170.08㎡
  • 延床面積:217.67㎡
  • 規模構造:木造 2階建て
  • 設計期間:2019/01~2019/10
  • 工事期間:2019/11~2020/06
  • 設計監理:木村哲矢建築計画事務所
  • 施  工:株式会社 縁技建
  • 撮  影:中村写真工房 中村大輔