京都伏見の住まい

京都伏見に建つワークスペース併設の住まいです
素材の質感をそのままにあらわしています


画像をクリックすると拡大します

設計概要

《京都伏見の住まい》
京都伏見の川に面して建つこの住まいは、1階をワークスペース・2階を住居とした住まいです。内外ともに素材の質感を大切に、そのままあらわしています。
酒蔵も多く建つ地域に合わせて外壁には黒の焼杉を張り、傷みやすい1階部分のみ小波鉄板としています。隣地側を一段下げた2段の屋根とし、室内にも屋根を支える2段の高さの木材がそのままあらわされています。
内部の壁・天井も粗いべニア板張りとして、窓周りも枠がなくべニア切り放しのままです。1階のワークスペースでは土間をモルタルも塗らず基礎のコンクリートのままとし、天井は張らずに2階の床裏をあらわしとしています。
建物の構造も仕上げも裏表のない正直な素のままの住まいは、それゆえに誤魔化しのきかない造りです。
多くの職人の気の遠くなる手間と気配りこそがこの住まいの仕上げ材料です。       

建築概要
          
  • 敷地面積:184.52㎡
  • 建築面積:77.78㎡
  • 延床面積:140.49㎡
  • 規模構造:木造 2階建て
  • 設計期間:2018/08~2022/03
  • 工事期間:2022/03~2023/05
  • 設計監理:木村哲矢建築計画事務所
  • 施  工:株式会社 西野工務店
  • 撮  影:中村写真工房 中村大輔