箕面 中庭のある住まい

大阪北摂に建つ子育て世代の住まいです
ウッドデッキの中庭を囲んで生活が展開します


画像をクリックするとスライドショーが始まります

設計概要

《箕面 中庭のある住まい》
大阪近郊の良好な住宅地に建つ中庭形式の、若い子育て世代のお住まいです。
中庭を持つお住まいがご希望で、それを実現するための土地の選定からお手伝いさせて頂きました。三か所の候補地を見せていただく中で、地域の神社にもほど近く東西両面で道路に接した候補地は、僅かながら南下がりの傾斜があり、何よりも細い通路を挟んだ西側の民家の広い庭に茂る一段と大きな樹に私は惹かれ、その樹と自らの中庭との双方を楽しむ生活が瞬時に思い描かれてこの地をお薦めし、具体的な計画を進めることとなりました。
東西に長い敷地のため南北両側は隣棟間隔も最低限しか取れず眺望も望むべくありませんが、東西両面の道路と中庭により採光通風は充分に期待できます。厳しい北側高さ制限と若干の敷地の高低差を考慮し、1階にも日照を呼び込む中庭の大きさを確保し、併せて居間を1.5層分の天井高さとして上部からも光の注ぐ計画としました。上方に伸びる壁面はほんのり白く着色した杉板を縦張りとして、垂直性を強調しています。居間の片隅を窪ませて設けた落ち着いたデスクスペースからは、坪庭の奥に西側隣地の大樹が眼に入ります。その坪庭はお風呂からの庭ともなって、檜葉の板を張った浴室で朝晩リフレッシュされるご主人の憩いのひと時をより豊かなものとしています。
1.5層分の居間はまた2階の子供室とも立体的に繋がり、さらに上部の半階分の残余の空間は子供室からスキップしたロフトとして、元気いっぱいの小さなお子さまの秘密基地となることでしょう。
中庭に開く住まいとして道路側はプライバシーを重視し閉じた表情としていますが、木のナチュラルな趣きや和がお好みのご夫婦を映す顔として、正面外観は木製の格子と杉板張りを組み合わせて和らぎを与え、板を留める押縁の間隔を様々にして変化ある表情を醸し出させています。
若いご夫婦がお子様と育まれるこれからの長い時間、住まいも時どきに移り変わっていくことでしょう。日々の生活や時の流れが住まいに刻印を残していくように、この住まいもまたご家族それぞれの方の心の内に何ものか佳きものを刻んでいくことを願っています。
      

建築概要
          
  • 敷地面積:156.90㎡
  • 建築面積:79.94㎡
  • 延床面積:141.99㎡
  • 規模構造:木造 2階建て
  • 設計期間:2014/11~2015/06
  • 工事期間:2015/07~2015/12
  • 設計監理:木村哲矢建築計画事務所
  • 施  工:北谷建設株式会社
  • 撮  影:中村写真工房 中村大輔