前栽 回遊する住まい

住まいの中をくるくる廻る回遊式の二世帯住宅です
どの部屋にも複数の出入り口と動線があります


画像をクリックするとスライドショーが始まります

設計概要

《前栽 回遊する住まい》
二世帯7人の方が生活される住まいです。
これまではお近くながらも別々にお住まいであった親子二世帯の方々が、これからは共に一つの屋根の下で暮らされることになります。二世帯住宅の場合、互いの世帯の物理的・心理的距離をどのように図るかがポイントとなりますが、このご家族の方々は、一緒の住まいで生活するのであればこそ、互いが他所 を向くのではなく、折々に顔を声を交わらせる、そのような住まいとしたいと真っ先にご要望されました。 それぞれの独立した生活を守りつつも、移動空間である《玄関・廊下・階段・ブリッジ》を生活空間が囲むことにより、日常の何気ない折々に親子世帯が互いに気配を感じ、自然と顔をあわせ、声を掛け合う住まいをここでは目指しています。
移動の空間は二つの世帯の交差点です。

白を基調とした仕上げの南北の生活空間の間に挿入された移動空間は、その壁仕上げを生活空間とは異質な板張りとして屋外の趣をもたせ、南室~移動空間~北室 の相互の適度な距離感を演出しています。その杉板はうっすら白く着色され、円形のトップライトから柔らかな光が差し込んでいます。 各々の生活の室はいずれも出入り口を複数持って、様々に《玄関・廊下・階段・ブリッジ》を回遊します。階段の上下に設けられたベンチが、この移動空間を単なる交通だけではなくひと時の憩いへと誘います。

人の動き・人の視線・生活の音が様々に交錯する住まいです。       

建築概要
          
  • 敷地面積:176.60㎡
  • 建築面積:87.58㎡
  • 延床面積:156.77㎡
  • 規模構造:木造 2階建て ロフト付き
  • 設計期間:2008/03~2008/09
  • 工事期間:2008/10~2009/05
  • 設計監理:木村哲矢建築計画事務所
  • 施  工:株式会社 日本中央住販
  • 統  括:アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
  • 撮  影:平井美行写真事務所