瓦庭の住まい

いくつもの中庭が光と風を導く和モダンの住まいです


画像をクリックするとスライドショーが始まります

設計概要

《瓦庭の住まい》
東西に長く南北は隣家が建て込んだ敷地に建築する町家の形の住まいです。
光と風を住まいに導くため、表庭~中庭~坪庭~裏庭が敷地に交互にちりばめられています。長細い中庭形式の間取りの場合、どうしても廊下が長くなりがちですが、折れ曲がることによって単調さを避け、その折れ曲がり部分では飾り棚や庭で視線を受け止め、間合いの場としています。
内部の居室は庭によって独立性を保ちつつも、裏庭から表庭まで抜けるように見通しを確保し、それは同時に風の通り道ともしています。
居間と和室に挟まれたメインの中庭には瓦を小端立てに敷き詰めて、密集市街地に和の小世界をつくりだしています。

建築概要
          
  • 敷地面積:173.11㎡
  • 建築面積:101.23㎡
  • 延床面積:171.69㎡
  • 規模構造:木造 2階建て
  • 設計期間:2005/09~2006/12
  • 工事期間:2007/01~2007/12
  • 設計監理:木村哲矢建築計画事務所
  • 施  工:株式会社 尾崎建設工業
  • 撮  影:平井美行写真事務所
  • 掲  載:ニューハウス出版 和福美(Web版)