Our Works
日々の暮らしに新鮮な息吹を感じる
そんな住まいを目指しています

画像をクリックして下さい

About Us

Concept & Architects/Office Info

私たちの考え

木村哲矢建築計画事務所は大阪箕面を拠点に、主に関西一円で活動を行う建築設計事務所です。
私たちは

■ 住まいは 身体の居場所や家財の置き場所にはとどまらず 心の場所でありたいと思います。言葉や数値で捉えられるものだけではない何か を住まいに込めていきたいと考えています。
■ 生活と、光と、風と、素材とが響きあう素直で正直な空間を提案します。
■ 明るさとともに陰の心地よさを、広がりとともに狭さ・低さがもたらす落ち着きを活かした、奥行のある生活空間を考えてまいります。
■ 時の経過とともに人も住まいも育っていく、そのような住まいを目指してまいります。

日本の風土気候に培われた住まいの知恵と趣きを活かしながら、同時に現代的な要素も素直に盛り込み、日々の生活に「ほっ」とする居心地と「はっ」とする新鮮な歓びを見出す住まいでありたいと思います。 住まい手の皆さまには安心して気持ちよく日々お暮らしいただけますと共に、何がしか新鮮な驚き・歓びに満ちた生活が営めるような、“心が新しくなる住まい”をご提案させて頂きたいと思っています。

設計の流れ

  • どうぞお気軽に面談ください。
  • 住まいについて、周りの環境について、思うところをお互いに話し合いましょう!
  • 住まいの設計ではプライベートな生活の細部についてもお伺いしたりいたします。直接のお話し合いを通じてお互いの信頼関係を気付いていきたいと思います。
  • 設計を通じて知りうる個人情報はもちろん守秘いたします。
  • スケジュールやご予算計画のご説明ご相談にも応じます。
  • 建築関係の法規の説明も致します。
  • 基本設計とは間取りや外観、主な仕上げのイメージなど、建築の基本的な構成をつくりあげていくプロセスです。
  • 図面だけではなく、模型やスケッチ、立体的に描き表した透視図などを利用して建物のイメージを互いに共有してまいります。
  • 概ねの図面がまとまりましたら概算見積の作成を行い、ご予算の確認をいたします。
  • 打合せの日時場所や頻度は建築主の方のご都合に合わせて行います。お仕事の都合により土日祝日や夜間に打合せにも対応しています。一般的には二週間に一度ほど打合せを行い、基本設計には約3カ月ほど要します。直接の対話が基本ですが、メールやスカイプなどインターネットを通じての打合せにも対応しています。
  • 設計の着手に際しては 設計契約の締結をお願いいたします。
  • お住まい本体とは別途の購入家具・カーテン類や植栽などのご相談ご提案もさせて頂きます。それらを含めトータルでの生活にかかわってまいりたいと考えています。
  • 実施設計は工事に必要な図面の一式を作成する段階です。定まった基本計画に対してより詳細に使い勝手やデザイン、寸法や仕上を決めてまいります。
  • 様々な仕上材料やキッチンやバストイレなどの住宅設備は、サンプルを取り寄せたりご一緒にショールームを訪れて検討選定を進めてまいります。
  • 照明や空調、給排水などの設備計画についても、コンセントの位置ひとつに至るまでご相談を重ね決めてまいります。
  • 基本設計時と同様一般的には二週間に一度ほど打合せを持ち、実施設計にも約3カ月ほど要します。
  • 実施設計が完了しましたら施工会社に本見積もりを依頼します。
  • 施工会社をご存知ない場合は私どもからの推薦なども含め、ご一緒に確かな施工会社を選定してまいります。
  • 提出された見積書が適正なものであるかどうか、記載された数量や費用のチェックを細かく行います。不当に高い工事費を是正することはもちろんですが、見積もり漏れや想定外に安い計上にも注意を払います。工事着手後に追加の費用が生じたり、図面の意図とは異なる施工を防ぐためです。
  • 見積り金額とご予算とに残念ながら差異が生じている場合は、建築主+設計者+施工会社の三者で調整を重ね、必要に応じて実施設計に修正を加えていきます。
  • 着工の見通しが立ちましたら、官庁/民間検査機関に建築確認申請などの必要手続きを行っていきます。
  • 最初のお打合せから着工までは6-7カ月を要することが一般的です。もちろんスケジュールは建築主の方のご都合に添うように図ってまいります。
  • 工事が正しく行われ、設計図の意図どおりに施工されているかを工事現場にて確認・検査していく業務が工事監理です。
  • 通常の住宅の場合、週に一度ほどのペースで現場監理に訪れます。工事の状況は定期的に報告いたします。
  • 建築主の方のご都合にもよりますが、工事中の現地にも足をお運び頂き打合せを催してまいります。実際の現地で設計を確認いただくこととあわせ、実物の仕上見本品などで比較検討・決定を行ってまいります。
  • 工事中に生じるご要望にも柔軟な対応を心掛けていますので、遠慮なくご相談ください。
  • 購入家具・カーテン類や植栽などの手配も工事中に進めてまいります。
  • 通常の戸建て住宅の場合、完成までに概ね5-7カ月を要します。
  • 建物が完成しましたら、施工会社の社内検査・私ども設計監理者の検査を経て官庁の検査を受け、その上で建築主の方にも検査頂きます。
  • 是正工事終えましたら施工会社よりお住まいの引き渡しが行われます。その際には保険保証の説明とあわせ機器類の使用説明も行われます。
  • お住まいは工事が完成した時が生活の始まりです。その時から本当の意味でお住まいが育て上げられてまいります。時が経ち、家族構成やライフスタイルの変化、また近隣環境の変化への対応などが必要になることもございます。住まいの成長の過程にもかかわらせて頂き、日々の時間の中でお住まいが息づいていくさまを共有させて頂けましたら設計者としても幸せです。

新着情報

2019/08/01
暑中お見舞い申し上げます
厳しい暑さの毎日ですが 皆さまどうぞご自愛ください
8/10(土)~8/15(木)まで
夏のお休みをいただきます
よろしくお願いいたします
2019/05/01
令和の時代が幕明けました 今後ともよろしくお願いいたします
サイトを一新しました
変更点は
* デザインを一新しました
* レスポンシブデザインとしてスマホ・タブレットに対応しました
* URLをhttpsに統一しました
作品の掲載は近作のみの暫定アップロードですが、順次加えていく予定です
動作に不具合などあり暫定処置のところも多々ありますがこちらも対応でき次第改めていく予定です
旧サイトは当面 https://tetsuyakimura.com に残します
2007/10/11
tetsuyakimura.jp に移転
2007/03/10
tetsuyakimura.com に移転
1997/10/07
ウエブサイト開設

木村哲矢建築計画事務所

一級建築士事務所
木村哲矢建築計画事務所
562-0003
大阪府箕面市西小路5-5-5
555ビル505
phone:072-737-9540
facsimile:072-737-9541
e-mail:info@tetsuyakimura.jp

1994年設立
大阪府知事登録一級建築士事務所
■業務内容
・一般建築/住宅の設計監理
・古民家の保全再生改修
・木造住宅の耐震診断/耐震改修設計
・インテリア/家具の設計
・住まい/建築に関する各種相談
・街づくりコンサルタント業務

業務基準はこちら
設計報酬規程はこちら
姉妹サイト民家再生.comはこちら

木村 哲矢

木村哲矢
一級建築士
木村哲矢

1959年 愛知県生
1978年 愛知県立一宮高等学校卒業
1982年 京都大学工学部建築学科卒業
1982年-1989年 出江寛建築事務所
1990年-1994年 レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップ・ジャパン
1994年-木村哲矢建築計画事務所

一級建築士
福祉住環境コーディネーター2級
大阪府被災建築物応急危険度判定士
大阪府被災宅地危険度判定士
箕面市木造住宅等耐震対策協定締結事業者
大阪産業大学非常勤講師
日本建築学会正会員

ブログ

- 陽水三昧 -
2019/10/10(木) 13:55:28

「私」 というものを形作ってきたものは実に様々ですが、少し以前に書きました1980年の演劇実験室天井桟敷 「奴婢訓」 の観劇、京都太秦撮影所での暗く狭く窮屈なあの2時間の衝撃は間違いなくその後の私を形作る大きなひとつでした。
そしてそれをさかのぼること数年前の愛知県体育館での体験もまた、私を形作る思い出深い一夜でした。

中学生になってその当時の多くの中学生がそうであったように深夜のラジオ番組に聴き入るようになりました。家に余っていました古い古い真空管ラジオのダイヤルを回して雑音混じりに聴いていたDJ番・・・・・

続き/これまでの記事はこちら

掲載誌等

「A-Collection」020号(アーキテクツ・スタジオ・ジャパン)に「山陰の住まい」を掲載いただきました

「A-Collection」 019号(アーキテクツ・スタジオ・ジャパン)に「飯盛の民家 [軸組再生の住まい] 」を掲載いただきました

朝日放送TV番組「大改造!! 劇的ビフォーアフター」にて「三国の長屋」が「命がけで背伸びする家」として放映されました
2015/6/7放映

TV番組「建築家のアスリートたち」にて「小浜の民家再生」が放映されました
BS12 TwellV 2014/5/3, 5/17放映

「A-Collection」 015号 (アーキテクツ・スタジオ・ジャパン)に「小浜の民家再生」を掲載いただきました
表紙にも採用頂きました

「住宅建築」2013年10月号(建築資料研究社)に飯盛の民家 [軸組再生の住まい] 」を掲載いただきました

「古民家スタイル」No.19 (ワールド・ムック995)に「小浜の民家再生」を掲載いただきました

「 monthly A-Style 」#075 2013 Marchに「おおい町 減築の住まい」を掲載いただきました

季刊「チルチンびと」第72号2012年 夏号 "architect" コーナーに「おおい町 減築の住まい」を掲載いただきました

NHK総合テレビ「ニューステラス関西“桜ヶ丘住宅改造博覧会跡地に寄せて”に出演しました(2010年12月07日放映)
事務所での取材の他、日本建築協会第一号住宅を訪れて住み手の方からお話をお伺いしました

ニューハウス出版 和福美 Web版に「瓦庭の住まい」が掲載されました

「Memo男の部屋」Dec.2007 今を住むための古民家再生。に「紀美野町の住まい」が掲載されました

「間取り成功プラン153」ニューハウスムックNo.125 に「南平台の住まい」が掲載されました

「DIME」2005年1月5日号に「淡輪の古民家再生」が掲載されました

朝日放送「きらっと」にて「南平台の住まい」が放映されました(2004年12月07日放映)

月刊「New HOUSE」2004年11月号に「南平台の住まい」が掲載されました

「古民家スタイル」No.1 ワールド・ムック445に「淡輪の古民家再生」が掲載されました
雑誌表紙の写真にも扱われました

月刊ハウジング 2005年04月号に「富雄の家」が掲載されました

月刊ハウジング 2003年11月号に「富雄の家」が掲載されました

建通新聞 「アーキテクトオフィス関西」にて木村哲矢建築計画事務所が掲載されました(2002年年3月20日刊)

「創る住むをいっしょに考える 106人の家づくり人」LIVING SPHERES Vol.4に「富雄の家」と共に木村哲矢建築計画事務所が紹介されました

「Memo男の部屋」JAN.2002 生き方を映した家づくり 一緒に考えてくれる建築家33人に「富雄の家」が掲載されました

「ウッディライフ98」木の家の建築家100人 2002年にて木村哲矢建築計画事務所が紹介されました

季刊「チルチンびと」第11号 2000年WINTERに「みどりの健康住宅(高齢化対応定住型)」が掲載されました

「室内」1999年09月号に「みどりの健康住宅(高齢化対応定住型)」が紹介されました

岐阜テレビにてみどりの健康住宅(高齢化対応定住型)が紹介されました
木村もスタジオに出演して建築の説明を行っています(1999年3月放映)

Contact

どうぞお気軽にお問い合わせください

お名前
ふりがな
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
郵便番号
 郵便番号検索
ご住所
電話番号
お問い合わせの種類
お問い合わせの内容

お問い合わせ

  • info@tetusyakimura.jp
  • TEL (072) 737-9540
    FAX (072) 737-9541
  • 木村哲矢建築計画事務所
    562-0003
    大阪府箕面市西小路5-5-5
    555ビル505